アジアの子供達に、日本の絵本を贈るプロジェクト
絵本贈呈

日本には、美しい中古の絵本が沢山あります。
これまで絵本など手にしたことのない子供達に届けることはできないだろうか…
心安らぐ社会貢献をしたい。そんな思いの経営者の皆様から、強い賛同と,
協賛のお気持をいただきました。…そして、このプロジェクトがスタートしました。 (プロジェクトにご参加ご希望の方は、ご連絡ください。)

【 絵本プロジェクト・活動レポート 】
new

《 マダガスカルへ 》( 2016年08月27日 )

一昨年、昨年に続き本年も昭和大学マダカスカル共和国口唇口蓋裂医療協力団 (団長土佐准教授)に、子供たちの生活サポート用として絵本をお持ちいただけることとなりました。

大学宛(形成外科医局黒木先生)に発送いたしました。お気をつけてお出かけください。

なお、昨年までのご活躍の様子は、昭和大学のホームページよりくわしくご覧いただけます。
http://www.showa-u.ac.jp/topics/2014/20150506.html



《 ベトナム・ホーチミン市宛に再送いたしました 》( 2016年07月15日 )

ホーチミン市サポーター、ニュエン・ヒューさん宛に絵本を新たに2箱(約100冊)送りました。
前回3月16日に送りました絵本が行方不明になり今回再送いたしました。



《 広場管理人より 》( 2016年07月15日 )

木村蓉子様より輸送費のサポートをいただきました。 ありがとうございました。

藤原繁様よりホームページのリニューアルをしていただきました。



《 ホーチミン市より連絡がありました 》( 2016年07月04日 )

現地サポーターのニュエン・ヒューさんから、連絡がありました。
3月16日に、絵本2箱(約100冊)を、日本からお送りしましたが、受け取ることができなかったとのことです。輸送中に、何か、問題が起こったようです。
「経営者の広場」では、現在、ホーチミン市に向けて絵本を再送する予定で調整中です。



《 広場管理人より 》( 2016年03月25日 )

これまでに輸送費等のサポートを下記の方々よりいただいております。 ありがとうございした。

  萩原勝様    前田哲郎様  田所史之様  小林春生様  石塚尚様
  遠藤勝巳様  深澤昇様



《 サンパウロ市日本語学校に絵本が寄贈されました 》( 2016年03月25日 )

ブラジル・サンパウロ市の日本語学校教師渡辺様より絵本寄贈の御礼のメールが届きました。
*****************************************************
「経営の広場の皆様」
 はじめまして。
こちらはブラジルのサンパウロ州、ピラール・ド・スール市にあるピラール・ド・スール日本語学校です。
私は当校で日本語教師をしている渡辺久洋と申します。
今週、ヤマト商事でブラジルに研修に来られている松下友紀菜様が来校し、そちらで集めて下さった数々の本を寄贈してくださいました。・・・・
(つづきはニュース・アーカイブをご覧ください。)news-sum.html

(当校フェイスブックに寄贈時の様子を掲載しておりますので、よろしければご覧ください。) ***Facebookのアカウントが必要です(管理人注記)***
https://www.facebook.com/profile.php?id=100009283736161

ピラール・ド・スール日本語学校   日本語教師 渡辺久洋

*****************************************************


《 ホーチミン市に絵本を発送しました 》( 2016年03月16日 )

ホーチミン市サポーター、ニュエン・ヒューさん宛に絵本を二箱(約100冊)送りました。
ヒューさんには1月に広場管理者がホーチミン市を訪問したおりに、あらたな贈与先の選定をお願いいたしております。



《 マダガスカル共和国へ 》( 2016年02月24日 )

昨年10月にご案内いたしました、昭和大学 マダカスカル共和国 口唇口蓋裂医療協力団
(団長 土佐准教授)が、23日に無事帰国されました。 今回は航空便の都合で出発が遅れ
本年2月に延期されていたようです。
絵本を現地の子供たちに手渡した旨のご連絡と写真が黒木先生より送られてきました。
フォトアルバムに掲載いたしました。クリックしてご覧ください
昨年のご活躍の様子は、次の昭和大学のホームページでご覧ください。
http://www.showa-u.ac.jp/topics/2014/20150506.html



《 ホーチミンの活動報告です 》( 2016年01月23日 )

施設前

ベトナムホーチミン市のサポーター、ニュエン・ピー・ヒューさんに同行して、これまで配本された孤児院を管理者が訪問しました。  訪問先は市内から約1時間の郊外にある尼寺に併設されている孤児院(THICH NU NHU THAO)です。1歳から18歳未満の女の子だけを預かっている施設です。  訪問日が土曜日でしたので、学生のボランティアの皆様が子供たちと遊んでいました。  贈られた絵本は時間を決めて皆で読んでいるとのことです。
 訪問日は旧正月(今年は2月8日)が近く、僧侶の皆さんはお祝いの飾りつけや、訪問者に販売する飴で作られた飾り物を作られていました。
 最高責任者のNguyen Thi Huong Thaoさん、事務責任者のNguyen Trong Doc さんから今後もサポートをお願いしたい旨の依頼を受けました。
 写真を こちらのフォトアルバムに掲載いたしました。クリックしてご覧ください。


 
名著紹介

New紹介日:2016年8月27日

題名:『ラジオ体操は65歳以上には向かない』
戸田佳孝 著: 2016.3.1発行 (株)太田出版

今年の夏は、リオデジャネイロ・オリンピックで盛り上がりました。  活躍する日本選手に影響されて、日頃の運動不足を何とかしたいと思った方も多いのではないでしょうか。 まず手始めに、手軽に取り掛かれる「ラジオ体操」と思った方に、ちょっと注意した方が良いですよ!という本 が紹介されました。
つづきは、こちらをクリックしてご覧ください。



紹介日:2016年8月1日

題名:『田中角栄という生き方』
別冊宝島: 2014.6.19発行 (株)宝島社

「思い切り仕事をしてくれ。責任はすべてわしが背負う。以上!」  多くの角栄語録の中で、この言葉ほど角栄を物語るものはありません。「天才」(石原慎太郎著)にも、大蔵大臣に就任時の訓示としてでてきます。本書は60に及ぶ語録を収録し、彼の生きざまを映し出してくれています。
つづきは、こちらをクリックしてご覧ください。



紹介日:2016年7月1日

題名:『タックスヘイヴン』
著者:橘玲

パナマ文書が世間を騒がしている今日この頃、読み進めていくほどに、これまでマスコミをにぎわしてきた国際金融事件や、大型脱税事件がリアルに読者の脳裏に浮かび、巻頭でわざわざ「フィクションである」と断りを入れる意味が理解できる小説である・・・・。   つづきは、こちらをクリックしてご覧ください。



紹介日:2016年6月14日

題名:『羊と鋼の森』(2016本屋大賞受賞作品です。)
著者:宮下 奈都

ご紹介は、著名ピアニスト加島千賀子さんです。
目に見えないものを信じ 形にしていくことを恐れず 自分の耳だけを頼りにこの世界に音を送り出すピアノの調律師「外村」を中心に繰り広げられていく物語・・・・。   つづきは、こちらをクリックしてご覧ください。



紹介日:2016年6月01日

題名:『がん治療の教科書』
編集:文藝春秋社 編集部

(闘うべきがん、闘ってはいけないがん) 文芸春秋社が、「がんの闘いから無事生還するために、私たちが知っておかなければならないこと」を、まとめた一冊です。   つづきは、こちらをクリックしてご覧ください。



これまでの名著紹介は、下記をクリックしてご覧ください。

book-iconお勧め名著

稲盛和夫経営講演選集1-3

稲盛和夫経営講演選集 第1-3巻セット
『稲盛和夫経営講演選集』とは、稲盛和夫氏による、1970年代から2010年代(現代)に至る膨大な講演録の中から 選び抜かれた、珠玉の講演集。
出版社: ダイヤモンド社
(2015/09/11)

さりげない許しと愛

さりげない許しと愛
社会も人間も、決して単純ではない。本当の愛とは、理性を伴う悲痛な愛である。命がけのほんものの誠実は、外部には見えない。曽野綾子氏の珠玉のエッセイ-。
出版社 海竜社
(2016/07)

事業承継が上手く

事業承継が上手く行く
事前の準備次第でその後の展開が決まる事例、統計を踏まえてわかりやすく解説。
出版社:理工図書

 

サポートして頂いている企業様一覧(50音順)



Copyright(C) 2013 経営者の広場 All Rights Reserved.